赤ちゃんの時にくせ毛だとそのまま成長するの?

   2017/06/16

生まれてきた赤ちゃんの髪の毛を見ると、くせ毛で驚いたことはありませんか。
赤ちゃんにはとても多いことなので、多くの赤ちゃんがそうだと思っても良いかもしれません。もちろん、生まれた時から直毛である赤ちゃんもいます。
そうなって欲しいと思っていたのにと残念に思う人もいるでしょう。
赤ちゃんには、綺麗な直毛になって欲しいと思っていたのにという人は、心配で仕方がないかもしれません。

赤ちゃんの髪質は、コロコロ変わります。
ついこの間まではもじゃもじゃとしたくせ毛だったのに、今ではあまりもじゃもじゃしていないと言うこともよくあります。
赤ちゃんの髪質は、ずっと続くものではないからです。
大人になってもそのままの髪質と言う人もいないことはないのですが、たいていの人は変わっていると言っても良いのではないでしょうか。

では、どれくらいで髪の毛が生え代わるのでしょうか。
だいたい3歳前後暗いで髪の毛が生え代わります。このころになると、生まれたばかりの時とはだいぶ違った髪質になっている赤ちゃんも多いです。

ここで、直毛に変わる赤ちゃんがとても多いです。
だから、3歳前後くらいまでの髪質がずっと続かない可能性があると思ってください。
綺麗な直毛になれるかどうかはこのころになんとなくわかってくるでしょう。

髪の毛が完全に生え代わらないと、その赤ちゃんの本当の髪質はわかりません。
生まれた時は髪の毛が薄かったけれど、4歳を超えた今ではふさふさになったという赤ちゃんもいるほどです。

ただし、髪質は遺伝します。
両親がくせ毛の場合は、赤ちゃんが受け継ぐ可能性が極めて高いので、この場合はそのまま大人になってしまうこともあるでしょう。

赤ちゃんの髪の毛はとても柔らかいです。触ってみるとわかります。
だから、とてもくせがつきやすいです。成長していくにしたがって髪の毛が太くなっていきます。

そして、髪の毛が生え代わっていきます。髪の毛が太くなるとくせが付きにくくなるので、直毛に変わる人がとても多いです。

もしかしたら、4歳くらいになっても、まだくせ毛で残念に思う人もいるかもしれません。
子供の髪の毛は、思春期を境に変わることもあります。思春期に分泌されるホルモンの影響で髪の毛が太くなるからです。
大人の髪の毛と同じくらい丈夫で太くなるので、思春期になってようやく直毛になる人もいます。
急に直毛になることもあるというわけです。

髪質は、個人差がかなりあります。そして、髪質が変わるタイミングは一つではありません。だから、いつかは直毛になるかもしれないと思ったほうがいいのかもしれません。

ただし、どうしても直毛にしたいからと言って、坊主にしても直毛になるというわけではありません。
髪質の問題だからです。柔らかい髪の毛のままではくせ毛のままでしょうし、髪の毛が太くなれば直毛になる事がわかっていれば、坊主にしてもあまり意味がないことがわかるでしょう。
生まれたての髪の毛はそのまま続かないことが多いので安心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket